家族で相談

女性の場合は人生の転機が何回か訪れることがあります。結婚、出産、育児、介護と年齢や年代によって異なりますが男性よりもこのような機会に仕事を辞めたり、転職することがあります。
女性が仕事をする際には、このような人生を先まで考えておかなくては、せっかく積んだキャリアも無駄にしてしまいがちです。
昔は女性が結婚すると仕事は辞めて家事と育児に専念するものだと考えられていましたが、現在では社会での女性進出も進み、労働力として認められるようになりました。
一度は退職しても復職することが出来るような環境を整えている企業もありますが、まだまだ不足のようです。
看護師として働く女性は大変多いのに、その女性看護師を取り巻く職場環境はまだまだ追いついていません。
看護師の資格を持っていて、復職しようとするといくつかの壁にぶつかります。
まずは家族の理解でしょう。2交代や3交代勤務では、家事などの負担が大きくなります。
家族の協力と理解がなければ、このようなフルタイムでの勤務はかなり難しいでしょう。子供が手伝えるような年齢であれば当てにしたいところですが、子供には子供の繋がりや関わりがありますので、復職を決めてしまう前に家族間でしっかりと話し合い、どのような勤務体系が自分たちの家族に適していて、収入はどれぐらいを見越しているのかを考えましょう。
大切なポイントは収入だけを考えるのではなく、家族の負担です。休みの日にまとめて出来る家事もありますが、一人だけに負担がかかるようでは意味がありません。
家族それぞれが自分の出来ることや協力出来ることを見極めて、どのような生活環境を組み立てていくのが良いのかを優先させることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です